嬉しい国内送金サービス

rwere XEマーケットが提供する充実したサービスの中でも、国内送金サービスは、他の業者ではほとんど見ることができない優れたサービスと言えるでしょう。多くの海外FXの口座への入金では、事実上使えるのは、クレジットカードによる入金のみになります。そしてこのクレジットカードの入金には、確かにメリットが多くあります。クレジットカードでの入金はショッピング枠を利用するので、キャッシングの時のような、余計な手数料や利息を取られることがなく、クレジットカードのポイントが付くこともあります。

しかしその反面、日常的にメインで利用しているクレジットカードでまとまった金額を入金すると、日常のショッピングに支障がでる可能性がありました。しかしXEマーケットでは、銀行口座を利用した国内送金サービスを用意しているので、まとまった金額の送金であっても余計な手数料をかけることなくできるのです。もしネットバンキングの環境が整っていれば、クレジットカードと同じ様に自宅にいながらすべての手続をすることが可能です。

そのXEマーケットへの、国内送金サービスの利用方法もとても簡単です。FXの必勝ブログにもあるように新たにXEマーケットの利用を始める場合には、まず新規に口座を開設した後に、メンバーズエリア(マイページ)にログインして、「送金先国内口座情報の取得」をします。

そのためにまず、メンバーズエリアの上の部分に並んだメニューの入金をクリックします。すると入金方法の一覧が出てきますので、「LocalBank」の入金を選びます。すると口座情報の確認画面になりますので、確認して「続ける」をクリックします。

そうすると次の画面で送金先銀行口座情報が表示されるので、その口座へ入金することになります。

注意1:XEマーケットの国内銀行送金では、200米ドル相当以上の入金であれば、入金手数料をXEマーケット側で負担してくれます。これは自動的には適用されず、一度自分で立て替える形となり、XEマーケットのサポートへ入金手数料が確認できる書類の写しを送信することで、後ほど返金されます。

注意2:送金及び出金に関しては、XEマーケットの口座名義と、出金・入金口座の名義が完全に同じでなければなりません。名前をローマ字表記にした時に複数の表記がある「tu」と「tsu」などがある人は注意が必要です。

注意3:送金先口座情報が表示される画面では、同時に“Your Payment reference” (リファレンス番号)が表示されます。このリファレンス番号は、送金手続き時のメッセージ欄に、必ず記入しなければなりません。XEマーケット側は、この番号を元にして、誰からの送金なのか判断するからです。この記入を忘れてしまうと、最悪入金が口座に反映されないこともあります。そしてこのリファレンス番号は、毎回違うことにも注意が必要です。ここまでの手続きに問題がなければ、2日~5日で、証拠金口座へ反映されます。